クリニック紹介

当クリニックの特徴

多彩な治療法からベストな選択を

多彩な治療法からベストな選択を

当クリニックの不妊治療は、タイミング療法や排卵誘発法(内服・注射)にはじまり、人工授精、特定不妊治療にあたる体外受精や顕微授精、凍結融解胚移植といった高度な治療まで、多くの治療法を提供できる体制を整えています。

妊娠に対する考えは、ご夫婦によって様々です。体外受精のご希望の有無など、お二人のご意向をおうかがいし、ベストな選択のサポートをいたします。

高度生殖医療のデータを公開

高度生殖医療のデータを公開

生殖補助医療(ART)に進まれる患者さまに対しても、当クリニックでは画一的な治療は行いません。お一人おひとりに適した治療方法を選択していきます。

また、不妊治療は「頑張れば必ず報われる」ものではありません。あくまで「妊娠の確率を上げる」ための治療です。
そのことを認識していただくためにも、治療成績のデータを公開しています。

男性不妊にも対応しています

男性不妊にも対応しています

近年では、不妊の原因の半数近くは男性が関係していることも明らかになっています。男性不妊の主な原因には、造精機能障害、精路通過障害、性行為障害があります。

精子検査等で男性側に不妊の原因が認められた場合には、「ともまさ泌尿器科・皮フ科」と連携し、検査や治療を進めてまいります。

院長紹介

ご挨拶

ときわ台レディースクリニックでは、ご夫婦の価値観に沿った医療の提供をモットーとしています。

タイミング療法や人工授精(AIH)といった、いわゆる一般不妊治療に力を入れていますが、体外受精でなければ妊娠が難しい患者さまには、よくご相談の上、ステップアップをしてまいります。

体外受精などのARTに進まれる場合も、多様な治療法の中から患者さまに最適な手段を選択していきます。画一的な治療はいたしません。

ARTの治療成績はサイト上で公表しておりますので、ご参照いただけたらと思います。

ときわ台レディースクリニックでは、不妊治療だけでなく、一般婦人科にも対応しております。

思春期、更年期、老年期と、すべての世代の女性が安心できる、地域に根差したクリニックであり続けることが目標です。

専門医 指定医

  • 産婦人科専門医
  • 母体保護法指定医

経歴

平成7年3月 帝京大学医学部卒業
平成7年5月 帝京大学医学部産婦人科入局
平成9年4月 焼津市立総合病院
平成11年4月 帝京大学大学院
平成15年4月 帝京大学医学部付属病院 助手
平成18年4月 大川病院
平成20年9月 ときわ台レディースクリニック開業

クリニック紹介

医院名 ときわ台レディースクリニック
診療科目 婦人科
所在地 〒174-0071
東京都板橋区常盤台2-5-3 アビアートときわ台3階
最寄り駅 ・JR赤羽駅西口より国際興業バスときわ台駅行き約20分
・電車でのご利用=東武東上線ときわ台駅北口から徒歩1分
・車でのご利用=首都高速 板橋本町ランプを下車し、環状7号を高円寺方面に向かって約5分
専用駐車場 クリニック正面のNPCコインパーキングまたはクリニック右並びのtimesコインパーキングの1時間無料券を発行いたします。ご利用ください。

アクセス・診療時間

診療時間 日・祝
09:00-12:00
受付(8:45-11:45)

不妊外来
一般婦人科
院長/高橋
不妊外来
一般婦人科
院長
不妊外来
一般婦人科
院長
不妊外来
院長
不妊外来
一般婦人科
院長
不妊外来
一般婦人科
院長/櫻井(女医)
15:30-18:30
受付(15:15-18:00)
不妊外来
一般婦人科
院長/高橋
不妊外来
院長
不妊外来
院長
不妊外来
院長

休診日 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
土曜午後は体外受精の説明を行います。
受付時間は午前が8時45分〜11時45分、午後が15時15分〜18時までです。初診受付は17時までです。
一般婦人科について
初診は月曜日と土曜日のみになります。土曜日は女性医師になります。
火・水・金の午前は再診のみとなります。
(火・水・金の午後と木曜の午前は、不妊外来のみとなります。) 。
不妊初診の方
事前予約を必ずお願いします。

リンク集

不妊治療実績

2018年 生殖補助医療(ART)成績

胚移植あたりの妊娠率をご報告します。 
※採卵件数235件 胎嚢確認を持って妊娠と判定

体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 凍結融解胚移植
妊娠率 34.1%
20代 75.0% (6/8)
30代 36.1% (91/252)
40~42歳 21.4% (9/42)
43歳以上 8.3% (1/12)
40歳未満 37.3% (97/260)
40歳以上 18.5% (10/54)
体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 新鮮胚移植
妊娠率 100% (2/2)
IVFとICSIの妊娠率
IVF 34.1% (91/267)
ICSI 34.0% (16/47)
人工授精(AIH)
妊娠率 10.5% (37/352)

2017年 生殖補助医療(ART)成績

胚移植あたりの妊娠率をご報告します。
※採卵件数214件 胎嚢確認をもって妊娠と判定

体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 凍結融解胚移植
妊娠率 39.2%(100/255)
20代 61.5%(8/13)
30代前半 44.3%(31/70)
30代後半 38.9%(44/113)
40代 28.8%(17/59)
40歳未満 42.3%(83/196)
40歳以上 28.8%(17/59)
体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 新鮮胚移植

5件中3件が化学流産

IVFとICSIの妊娠率
IVF 38.5%(84/218)
ICSI(split含む) 43.2%(16/37)
人工授精(AIH)
妊娠率 8.3%(26/313)

2016年 生殖補助医療(ART)成績

胚移植あたりの妊娠率をご報告します。
※採卵件数210件 胎嚢確認をもって妊娠と判定

体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 凍結融解胚移植
妊娠率 34.8%(83/238)
20代 33.3%(6/18)
30代前半 40.0%(22/55)
30代後半 40.9%(38/93)
40代 23.6%(17/72)
40歳未満 39.8%(66/166)
40歳以上 23.6%(17/72)
体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 新鮮胚移植

1件→妊娠に至らず

IVFとICSIの妊娠率
IVF 38.2%(65/170)
ICSI(split含む) 26.5%(18/68)
人工授精(AIH)
妊娠率 8.3%(22/265)

2015年 生殖補助医療(ART)成績

胚移植あたりの妊娠率をご報告します。
※採卵件数189件 胎嚢確認をもって妊娠と判定

体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 凍結融解胚移植
妊娠率 46.1%(94/204)
20代 71.4%(5/7)
30代前半 55.0%(33/60)
30代後半 45.6%(36/79)
40代 34.5%(20/58)
40歳未満 50.7%(74/146)
40歳以上 34.5%(20/58)
体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 新鮮胚移植

1件→妊娠、化学流産

IVFとICSIの妊娠率
IVF 47.2%(68/144)
ICSI(split含む) 43.3%(26/60)
人工授精(AIH)
妊娠率 8.2%(17/208)

2014年 生殖補助医療(ART)成績

胚移植あたりの妊娠率をご報告します。
※採卵件数176件 胎嚢確認をもって妊娠と判定

体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 凍結融解胚移植
妊娠率 34.2%(54/158)
20代 30.0%(3/10)
30代前半 27.7%(10/46)
30代後半 42.1%(32/76)
40代 34.6% (9/26)
体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 新鮮胚移植
妊娠率 10.3%(3/29)
20代 該当なし
30代前半 50.0%(1/2)
30代後半 9.1%(1/11)
40代 6.3%(1/16)
IVFとICSIの妊娠率
IVF 36.1%(35/97)
ICSI(split含む) 31.1%(19/61)
人工授精(AIH)
妊娠率 6.2%(8/129)

2013年 生殖補助医療(ART)成績

胚移植あたりの妊娠率をご報告します。
※採卵件数170件 胎嚢確認をもって妊娠と判定

体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 凍結融解胚移植
妊娠率 29.9%(61/204)
20代 53.8%(7/13)
30代前半 33.3%(19/57)
30代後半 27.3%(24/88)
40代 23.9% (11/46)
体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 新鮮胚移植
妊娠率 27.3%(3/11)
20代 該当なし
30代前半 0%(0/2)
30代後半 33.3%(3/9)
40代 該当なし
IVFとICSIの妊娠率
IVF 28.6%(46/161)
ICSI(split含む) 34.9%(15/43)
人工授精(AIH)
妊娠率 9.0%(12/133)

2012年 生殖補助医療(ART)成績

胚移植あたりの妊娠率をご報告します。
※採卵件数241件 胎嚢確認をもって妊娠と判定

体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 凍結融解胚移植
妊娠率 39.1%(85/217)
20代 57.9%(11/19)
30代前半 46.5%(20/43)
30代後半 43.7%(38/87)
40代 23.5%(16/68)
体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 新鮮胚移植
妊娠率 20.0%(4/20)
20代 該当なし
30代前半 16.7%(1/6)
30代後半 27.3%(3/11)
40代 0%(0/3)

※2012年からは新鮮胚移植をほとんど行わず、凍結融解胚移植を多く行っています。

IVFとICSIの妊娠率
IVF 35.3%(54/153)
ICSI(split含む) 48.4%(31/64)
人工授精(AIH)
妊娠率 7.7%(12/156)

2011年 生殖補助医療(ART)成績

胚移植あたりの妊娠率をご報告します。
※採卵件数226件 胎嚢確認をもって妊娠と判定 2012 1/4現在

体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 凍結融解胚移植
妊娠率 37.4%(46/123)
20代 50.0%(4/8)
30代前半 51.4%(18/35)
30代後半 45.5%(20/44)
40代 11.1%(4/36)
体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI) 新鮮胚移植
妊娠率 31.1%(20/64)
20代 20.0%(1/5)
30代前半 38.5%(5/13)
30代後半 31.3%(10/32)
40代 28.6%(4/14)
IVFとICSIの妊娠率
IVF 23.7%(9/38)
ICSI(split含む) 42.3%(11/26)
人工授精(AIH)
妊娠率 12.2%(18/147)

ご予約・お問い合わせ

不妊のことでお悩みでしたらご相談ください。
患者さまお一人おひとりと対話の時間を持ち、
診療しています。