診療案内

不妊検査

一般採血検査

妊娠を継続できる健康状態なのかを確認するために、貧血の有無や、肝機能、腎機能に異常がないかを調べます。

基礎体温測定

朝起きた直後に、婦人体温計で検温します。基礎体温を記録したグラフをつくり、低温期と高温期が分かれていることを確認し、排卵時期を調べます。

子宮頚部細胞診

子宮頚がんのスクリーニング検査として行います。

クラミジア抗体検査

クラミジア抗体は不妊原因の1つであり、クラミジアに感染したまま妊娠すると、流産の可能性や、出産時の産道感染によって赤ちゃんが結膜炎や肺炎を起こす危険があります。
クラミジアに感染している場合は、先にその治療を行います。

抗精子抗体検査

女性の中には、精子の運動の抑制や受精を阻害する抗体が体内に存在することがありますので、血液検査にてその抗体の有無を調べます。

抗精子抗体が見つかった場合には、体内に存在している抗体の量によって、人工授精を行うか体外受精を行うかを決めます。

ホルモン測定

卵胞期、黄体期に、採血をして行います。
月経中に黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の測定をして、その周期の検査計画を立てます。

子宮卵管造影検査

子宮の入口から造影剤を注入してレントゲンを撮り、子宮内の状態や卵管の状態、卵管周囲の癒着がないかなどを確認します。月経直後に行います。

子宮鏡検査

子宮内の筋腫・ポリープの有無などを内視鏡で調べます。月経終了後の低温期か、避妊した高温期に行います。

超音波検査・内診

超音波検査で子宮、卵巣を観察し、子宮内膜の状態の確認と卵胞の大きさの測定をして、排卵期を予測します。

頚管粘液検査

排卵期に行います。頚管粘液の分泌状態をチェックして、卵胞ホルモンが働いていることを確認します。

精子検査

精子数が少なかったり、運動率が低かったりすると、妊娠しにくい場合があります。
精子に異常が認められる場合は、「ともまさ泌尿器科・皮フ科」と連携して、検査、治療を進めていく場合もあります。

AMH検査

AMHとはアンチミューラリアンホルモンの略で、AMHの数値は卵巣の中に残る卵子の数の目安になります。AMHの値は、患者さまに最適な治療方針を決める上で活用します。
※一般採血検査・クラミジア抗体検査・抗精子抗体検査・精子検査のみ自費になります。

不妊症検査 料金表
検査項目 費用
一般採血検査(貧血の有無、肝機能、腎機能) 自費 5,450円
甲状腺ホルモン検査保険 1,740円 *
子宮頸部細胞診自費 3,090円
クラミジア抗体(採血)自費 4,630円
超音波検査・内診
超音波検査で卵胞の大きさを測定し、排卵期を予測します。
保険 1,600円 *
フーナーテスト
排卵期の性交渉後行います。
保険 100円 *
子宮卵管造影
生理後から排卵前の間にレントゲンをとります。
保険 8,000 円
ホルモン基礎値採血
生理中に行います。生理2~3日目に予約をとって頂き検査を行います。
保険 2,100円 *
黄体期ホルモン検査保険 1,700円 *
抗精子抗体(採血)自費 8,230円
精子検査自費 5,150円
AMH自費 6,180円

*の印がついているものは初診、再診料が別途かかります。
表示されている金額はおおよその目安となります。
※自費は税込になります。

不妊治療

タイミング療法

クリニックで卵胞の発育を確認して排卵日を特定し、妊娠しやすいといわれる排卵日数日前から排卵日までに、性交のタイミングを合わせていただきます。

排卵誘発法

タイミング療法や検査により排卵障害や黄体機能不全が発見されたときは、排卵誘発剤を使用したタイミング療法を行います。排卵誘発法には内服と注射の方法があります。

※仕事などのご都合で通院が難しい方には、自己注射指導(保険適用注射剤)も行っています。

卵管鏡下卵管形成術

卵管内を検査・治療する内視鏡を用いて、詰まっている卵管を開通させ、より自然な妊娠を目指すものです。入院の必要はなく、日帰りで受けることができます。(保険適用)

人工授精

採取した精液の中から動きのよい精子を取り出して濃縮し、妊娠しやすいタイミングを見計って、子宮内に直接注入します。精子と卵子が出会う確率を上げるために行う方法で、受精、着床、妊娠のステップは自然妊娠と変わりません。

体外受精

卵子と精子を同じ培養液の中で培養して受精させ、できた受精卵を子宮に戻すという方法です。
タイミング法や人工授精を続けても結果が出ない方、卵管の詰まりや精子数が少ないなどの事情があり体内での受精が難しい方は、検討していただくとよいでしょう。

顕微授精

動きがよく形が正常な1個の精子を、卵子の中に細い針で注入します。体外受精に必要な数の健康な精子を得ることができない、受精障害があるなど、体外受精では受精しない可能性が高い場合に実施します。

凍結融解胚移植

体外受精でできた胚(受精卵)を、凍結して移植する方法です。子宮内膜の状態がよい時期に移植をすることができます。

ERA エラ/子宮内膜着床能検査

着床に適した期間を調べます。胚移植での妊娠率が25%向上しています。

検査内容
  • 子宮内膜には着床に適した期間があります。
  • この期間は個人によって異なり、ERA 検査では患者様個々の着床に適した期間を特定します。
  • 最適なタイミングの胚移植をすることで、妊娠率を高めます。
検査対象の方
  • 良質な胚を移植したにも関わらず、着床に至らなかった方
  • 自分の着床に適した期間を知りたい方
  • 胚移植を行うタイミングを把握したい方

体外受精

体外受精とは、排卵前の卵子を手術によって体内から取り出し、精子との受精を体外で行う治療方法です。正常に受精し、細胞分裂が順調に繰り返された質のよい胚を体内に移植することで、妊娠率がより高くなります。

男性不妊

男性不妊

現在、不妊でお悩みの方の約半数で男性側に原因があることがわかっています。そこで、ときわ台レディースクリニックでは、男性不妊の相談・検査も行っています。

相談・検査の結果、男性不妊が疑われた場合は、ひばりヶ丘にある「ともまさ泌尿器科・皮フ科」と連携して、検査、治療を進めていくこともできます。

婦人科一般

婦人科一般

地域に根差したクリニックを目指し、不妊治療以外の一般婦人科も診療しています。

女性の身体は繊細です。思春期、更年期、老年期といったライフステージの変化や、ストレスなどの影響で、ホルモンバランスを崩してしまうことは多々あります。月経異常やおりものの異常など、婦人科のお悩みがありましたら気軽にご来院ください。

また、ときわ台レディースクリニックは自治体のがん検診にも対応しております。どうぞご利用ください。

体外受精・顕微授精 料金表(全て税込)
検査項目 費用
採卵1回目 154,290円
採卵2回目123,430円
採卵3回目以降92,580円
静脈麻酔30,860円
局所麻酔10,800円
精子調整・媒精51,430円
培養(採卵当日~3日目まで)51,430円
胚盤胞培養(3日目以降も培養の場合)30,860円
凍結胚融解51,430円
移植20,580円
ERA162,000円
顕微授精72,000円
Assisted Hatching20,580円
SEET法32,400円
精子凍結(検査料・半年間の保存料含む)40,200円
精子の凍結保存更新料37,080円 / 年
胚・卵子凍結1個(1年間の保存料含む)67,930円
胚・卵子凍結2個目以降(1個につき加算)10,290円 / 個
胚・卵子の凍結保存更新料37,080円 / 年

※体外受精時、採卵日までの検査・注射等の通院費が別途かかります。

ご予約・お問い合わせ

不妊のことでお悩みでしたらご相談ください。
患者さまお一人おひとりと対話の時間を持ち、
診療しています。